ワイン業界で働きたい方のための求人情報

Column

マドリッドの屋台村で、ワイン&タパス三昧

SHARE ON



火の通りきっていない海老のみそをチューチュー吸い上げる幸せを知っているのは、日本人とスペイン人。
米料理のバリエーションが広く、おこげの部分を愛するのも日本人とスペイン人。
全体的にやや塩が強めな点は日本人泣かせだけれど、基本的にスペインの食は日本人にとって親しみやすい。

長引く不況で高い失業率に悩まされるスペインとはいえ、人気の食事処となれば大賑わい。
ここ数年、首都マドリッドで注目を浴びる「サン・ミゲル市場(Mercado de San Miguel)」もそのひとつで、日本人旅行者の姿を頻繁に見かけるスポットである。



マヨール広場に近い市場だった広いスペースを改築し、再スタートを切ったのが2009年。
生ハムとソーセージの店、海鮮料理屋、はたまた寿司屋など30軒以上の小売店が入居していて、連日活気に沸いている。この国は本当に不況の真っ只中にいるのか、と我が目を疑ってしまうほどだ。

スタイルとしては、屋台村とフードコートを合わせたようなもの。小売店に備え付けてあるカウンターで食べてもいいし、各店舗の小皿料理を中央のテーブルへ持ち寄り、食べ比べも可能。

まずは市場内を一周してツマミのセレクトを済ませたら、次はドリンクの調達へ。各料理屋でもグラスワインを販売しているし、スペインならではのサングリア屋もあるにはあるが、せっかくなら多種類のワインを扱っている店を訪れたい。



ワイン専門店「PINKLETON & WINE」では、3〜5ユーロを中心の価格帯としたグラスワイン、10〜20ユーロ台のボトルが多く揃う。

「スペインの白ワインを何か1杯」
と声がけすると
「どんなタイプがいい?」
と訊かれ、スタッフお勧めのワインが大ぶりのグラスに1口分だけ注がれる。
この店、グラスワインでも試飲OKなのだ。
「もう少しパワフルなのが好きなんですけど」
と伝えたところ、また新しいグラスを出してくれて、別銘柄のワインを少量。
「では、これをください」
とお願いしたところで、あらためてなみなみと注いでくれた。



調子に乗ってしまうと、気がつけばテーブルは1品料理やグラスがてんこ盛り……。
それでも、いろんなお店のイイトコ取りで、お腹の空き具合に合わせ分量を調節できるサン・ミゲル市場は、旅行者にもマドリッド市民にも愛されて当然、なのだ。


サン・ミゲル市場
Plaza San Miguel (Mercado de San Miguel) , s/n
年中無休
http://www.mercadodesanmiguel.es/


文・山本ジョー