ワイン業界で働きたい方のための求人情報

Column

SAKE COMPETITION 2015発表、純米酒選びの指針として活用しよう

SHARE ON




“國酒”としての日本酒に、改めて多くの日本人が目を向け始めた昨今。多くの消費者が、より品質が高く、料理に合う日本酒を選びやすいような基準を設けたいという主旨で、2012年から「SAKE COMPETITION」が開催されている。このコンペティションは、全国からエントリーする蔵元が多く、関連研究施設や出品社でもある蔵元が審査員として名を連ねているのが特長。昨今のトレンドともいえる純米酒を中心にした4部門で受賞酒が決定される。また、元サッカー選手、現在は日本文化を世界に発信する活動を行う中田英俊氏も、このコンペティションを通じて“國酒”としての日本酒普及に尽力している。

 SAKE COMPETITION 2015は、総出品蔵元数335蔵、総出品数1028点のなか、予審通過した計533点の中から、部門ごとにGOLD(トップ10)とSILVER(GOLD以下10%の蔵元数)を事前に選出。そして、9月14日に東京プリンスホテルにて、表彰式及び蔵元を囲む会が開催された。午後に行なわれた表彰式では、GOLD/SILVER受賞酒の蔵元をはじめ、報道陣など関係者が列席する中、部門別の順位を発表、1~3位の受賞酒が表彰された。純米酒部門では磯自慢 特別純米 雄町(磯自慢酒造株式会社)、純米吟醸部門では勝山 純米吟醸 献(仙台伊澤家勝山酒造株式会社)、純米大吟醸部門では会津中将 純米大吟醸 特醸酒(鶴乃江酒造株式会社)、Free Style部門(生酛・山廃)では五橋 極味伝心 生もと木桶造り 純米大吟醸(酒井酒造株式会社)が、第1位の栄誉を手にしている。表彰式には、中田英俊氏のほか、テレビドラマ「夏子の酒」の主演女優・和久井映見氏もプレゼンターとして参加し、華を添えた。
 この表彰式は、蔵元及び業界関係者並びに報道陣のみの列席で行なわれたが、一般日本酒愛好家向けに夜の蔵元を囲む会と表彰式の入場券をセットで限定販売したところ、即時完売。日本酒への関心の高さがうかがえる一幕であった。

 夜には、受賞酒蔵をはじめ、エントリーした蔵元のうち167蔵が会場にブースを設け、一般ユーザーを対象にした「蔵元を囲む会」が開催された。受賞及び出品した銘柄のほか、各蔵自慢の日本酒が多数揃い、多くの愛好家が全国から集まった銘酒を堪能。さすがに受賞酒蔵は人気が高く、早々に完売していたが、全国のさまざまなタイプの日本酒を試飲できる絶好の機会だったことは間違いない。

 各部門受賞酒については、GOLD及びSILVERの順位表が「SAKE COMPETITION」ホームページにて公開されている。銘酒と言われる酒が名を連ねる各部門では、このように順位づけすることすら非常に困難だったであろうと想像できるが、消費者としては、日本酒選びのひとつの指針として、この順位表を有効活用したいところである。

文:杉本多恵