ワイン業界で働きたい方のための求人情報

Column

酒屋の前掛けでトートバッグを作る

SHARE ON




拙宅に数枚キープしている、酒屋の前掛け。丈夫な帆布に紺色で文字を染め抜いた、あの日本古来のエプロンである。ホームパーティ時に着用して見せびらかしたりもしたけれど、最近は部屋の片づけがままならないこともあって、来客の予定がほとんどない。おかげで、自慢の前掛けたちは台所の横でホコリをかぶったまま数年経過……。

それじゃあもったいない、ってんで、厚い布地を活かしトートバッグを作ることにした。
そのままの形状を活かせば、バッグは簡単に作成できる。





表と裏は前掛け同士でもいいし、裏面はデニム系の布地を持ってきてもシックリ馴染む。
ただ今回は「あまりにそのまま過ぎても……」との気持ちがあり、少々アレンジしてみた。





前掛け2枚分をそれぞれ一度3~4分割し、ランダムに配置。それらを再度縫い合わせていく。





両面を重ね、少々はみ出る部分はカット。





それにしても、ミシンがほしい。厚くて硬い帆布を、ひたすら手で直線縫い。頑丈にするべく返し縫いを心がけるが、すぐ飽きた。

返し縫い、返し縫い、返し縫い、返し縫い、返し縫い……

が、いつしか

返し縫い、並縫い、並縫い、返し縫い、並縫い……

それも、いつしか

大並縫い、大並縫い、大並縫い、ときどき思い出したように返し縫い……

大雑把な性格が如実にあらわれる、ワイルドなトートバッグになっていく。







それでも四角四面な形状を避けるべく、やや丸みを帯びた底面にしてみた。
直線10㎝から逆算すると、直径×3.14=円周を踏まえて10㎝×4で全円周、40㎝÷3.14÷2で半径。ああ、円周率計算なんて久しぶり。
型紙を使ってカットするなんて面倒臭いことはせず、目分量でザクザク切ったり縫ったりしてきたが、ここにきてようやくチャコペンが登場した。







バッグの持ち手は、前掛けの腰紐を使用。トートバッグらしく、紐を底から縫いつけるデザインにしたら、帆布2枚+腰紐2本を縫い合わせる作業が待っていた。針を力任せに突き刺していき、気分は畳職人。







そうして表面と裏面を合体させ、持ち手の紐を全て縫いつけ完成! 私は苦行の手縫いを半日続けたが、ミシンなら1時間もかからずに終わるはず。漢字のモノグラムが映える、縦30㎝、横50㎝、底12.5㎝のトートバッグである。紺地だから、ジーンズとの相性は抜群だ。





こちらはユニクロの日本酒Tシャツと別蔵元の前掛けを組み合わせた、じつにトゥーマッチな着こなし例。
インパクトをもたせるのは、くれぐれもトートバッグだけにしたほうがいい。


文・山本ジョー