ワイン業界で働きたい方のための求人情報

Column

ひとりでも、ふらっと立ち寄り餃子&ワイン@池袋

SHARE ON

全国各地の餃子を食べ比べできる「ナンジャ餃子ミュージアム」なんてものがある、東京は池袋。だからといって池袋自体が格別、餃子屋の多い町というわけでもない。日本語での意思疎通はギリギリな超・本格派の中国料理店ばかりワンサカ集まっている分、逆に餃子へのエネルギーはほかの町より薄いとも言える。

それでも混沌をモットーとする池袋において、餃子&ワインを楽しむベストスポットがないはずもない。





池袋駅西口に近い「東明飯店」。立地条件が抜群のわりにリーズナブルな価格で、会社員のオアシスだ。外から見れば、「雑居ビルのなかの中国料理店ね、ふーん」で終わりそうなものだが……





店内入口には、ワインボトルの並ぶカウンターが。そう、この中国料理店は店内にワインバー「ロンファン・ギャレー」を設けている。ワインはボトルで30種ほどオンリスト。





ランチ時は餃子6個で600円? いや違う、これは「焼き餃子定食」だ。そこにライスとスープが付き、サラダとドリンクバーとデザートが飲み食べ放題。ライスは普通盛りで茶碗2杯分は軽くあるのに、さらなる大盛も無料。店の外観が渋くて若者ウケしないからか、学生の姿が少ないのが不思議なくらいだ。





ハウスワインの白をオーダーすると、薄くて大ぶりなチューリップグラスに注いでくれた。銘柄はヴィユ・シャトー・ラモット、1杯460円。
そして餃子は、野菜多めのあっさり味。炒め油でヌラヌラしているなんてこともなく、カリッと焼き上げられている。
さすがにワインと餃子を堪能すると、白ご飯のおかず率が非常に少なくなるため、同じ「焼き餃子定食」なら餃子12個バージョンのほうがいい。それでも値段は800円だから。



1軒目でワインバー併設の廉価な中国料理店なんて紹介すると、「さすがに2軒目はもうないだろ」と諦めがちだが、池袋の底力を舐めてもらっては困る。
池袋駅南口側の「サンダーバード池袋東店」。池袋でワインを飲む機会が多い人なら、「ワインバー・エスペルトのあるビルの地下」と言えば一発でわかるはずだ。エスペルトとは経営も路線もまったく異なるけれど。





広々とした店内には、ビールケースを土台にしたテーブルが。佐賀のありた鶏を自店でさばき提供する鶏料理専門店でありつつ、なぜか餃子へのこだわりが強い。餃子のメニューページには「全国の餃子屋を数百軒食べ歩き その中で気づいたのが 皮の大切さ それに負けない具」などの文字が躍る。





グラスの白(450円)と鶏餃子4個(320円)を頼んでみた。
丸みを帯びた餃子は小ぶりだが、手作りならではのもっちりとした皮のおかげで、食べ応えがある。居酒屋の料理は通常、酒が進むよう濃い味付けにしがちなのに、こちらの餃子は珍しく薄味。上品な鶏挽肉のうま味が直に伝わる。

ワインはボトル10種ほどを揃え、多くは日本産。グラスとカラフェで提供している「樽生ワイン」はイタリア産。ちなみにグラスの白はちょっと甘めで、餃子より白味噌ベースのもつ煮込み(430円)のほうが相性はよい。





鶏の水餃子(480円)も頼んでみた。餃子もさることながら、スープの存在感がハンパない。店で丁寧にとったという鶏出汁が絶品で、胃壁にぐんぐん吸い込まれていく。
また、添えられたラー油は花山椒の粒タップリで、心地よく痺れる。鍋の熱とラー油の辛さで、軽いランニングをした後のような爽やかな汗をかくことができた(普段まったく運動をしないもので、これをもって本日の運動と代えさせてもらう)。


なお番外として、1軒目の「東明飯店」から徒歩2分ほどの距離にある「創新麺庵 生粋」にも触れておこう。





醤油ラーメンに使われているのはサンマの塩焼きにワインなどを加えて煮詰めたダシ。ワイン煮玉子も150円でトッピングできる。
で、ワインに縁のあるラーメン屋なのに、店でのワイン提供は無いのが、ちと残念。


文・山本ジョー


・東明飯店
http://www.toutsu.com/


・サンダーバード池袋東口店
http://ameblo.jp/thunderbird-ikebukuro/