ワイン業界で働きたい方のための求人情報

Column

ひと工夫でこんなに楽しい! ワイン廃品再利用術5

SHARE ON

ワインを毎日飲んでると、必ず出てくる各種ゴミ。それを再利用して生活の全てをワイン色に染めてしまおう、というこの試み。第5回目は「超強力冷蔵庫マグネットII」です。



第3回目で作り方をご紹介した 冷蔵庫マグネットですが、磁石部分が向き出しになってるから冷蔵庫の表面にキズが付きそうだ、という声を頂きました。
ならば磁石を中に埋め込んだ冷蔵庫マグネットを作りましょう、というのが今回のお題目です。

使用する磁石は、前のものより小さいヤツ。2800ガウスの超強力マグネット・ミニ。



左が今回使用するミニ。直径が約6ミリと小さいです。右が前に使ったマグネットで、こちらは約13ミリ。同じ100円ショップで買いました。

道具はドリルの刃(6ミリ)と瞬間接着剤。コルクは何となく気分でスパークリングにしました。フランチャコルタ〜!



このドリルの刃で、コルクに穴を開けていきます。



グリグリっとね。



このくらいで十分かな?

今回は磁石という金属を、直接冷蔵庫の扉に触れさせないのが目的なので、磁石の頭がギリギリで出ないくらいの深さの穴が良いです。ためしに磁石を入れて、どのくらいの深さなのかを見てみましょう。



↑こんな程度でOKです。一度磁石を取り出して、接着剤を流し込んで、磁石を入れてオシマイ。



注意点ですが、ドリルの刃は、本来ドリルに装着して使うもので、素手で回すものではありません。今回は柔らかいコルクに穴をちょっと開けるためだけなので素手で回しましたが、ドリルの刃は刃物です。怪我に注意。作業時は手袋をするといいかも知れません。

さて、完成品を実際に冷蔵庫に付けてみると、これが柔らかい感じでいいんだな。でも、磁石は強力だからしっかりと色々なものを留めてくれる。前に作った冷蔵庫マグネットだと「バチッ!!」っていう感じで扉に貼り付くんですが、今回のコレはソフトなんです。キズを付けたくないものの固定にいい感じですよ。



留められ心地はどおっすか、ベーコンさん!


ワイン廃品再利用術・バックナンバー
第1回  パン切りまな板
第2回  コルクの箸置き
第3回  超強力冷蔵庫マグネット
第4回  コルクボード