ワイン業界で働きたい方のための求人情報

Column

ひと工夫でこんなに楽しい! ワイン廃品再利用術6

SHARE ON

ワインを毎日飲んでると、必ず出てくる各種ゴミ。それを再利用して生活の全てをワイン色に染めてしまおう、というこの試み。第6回目は「キーホルダー」です。



使う道具は電動ドリルと針金。素材はコルクと麻ひもです。コルクですが、赤ワインが染みてしまったコルクをポケットに入れたりすると、染みが服に着いてしまう可能性があります。あまり赤くなったコルクは使わないほうが良いでしょう。



今回の一番のポイントは、いかにコルクの真ん中に穴を開けるのか、という点です。これ、あんがい難しいんですよ。

コツとしては、いきなりドリルで開けようとはせず、まずは尖った棒(シャーペンの先とか)を、ぐぐっとコルクの真ん中に押し込んで穴を作り、そこにドリルの刃を突っ込んで行くと良いです。



うまく開いた。

次に、針金に、こんな感じで麻ひもを通して、





コルクの穴に通す。麻ひもの先には結び目を作ってひもが抜けないようにして、



上端を別の麻ひもで結ぶ。余った部分を切って、最後に針金を抜けば、



完成。

キーホルダーはもちろんですが、携帯やデジカメのストラップに付けるのも良いです。ポケットにデジカメ入れて、コルク部分だけを外に出すと、あらまぁ、根付けみたい。



こんな感じ。

ちなみに麻ひもは弱いです。使っているうちにすり切れて落っこちるでしょう。もっと頑丈なものが欲しい方は、ひも部分をワイヤーで作る方法もあるんですが、それは特殊な工具が必要なので、またの機会に。



ではまた来週〜


ワイン廃品再利用術・バックナンバー
第1回  パン切りまな板
第2回  コルクの箸置き
第3回  超強力冷蔵庫マグネット
第4回  コルクボード
第5回  超強力冷蔵庫マグネットII