ワイン業界で働きたい方のための求人情報

Column

ひとりでも、ふらっと立ち寄り餃子&ワイン@新橋

SHARE ON

オヤジたちの聖域である東京・新橋は、新しい飲食店ができては消えていく修羅の町である。
それでも、ワインバーはじわじわと増え続け、中国料理屋もこれまた着々と増殖中。

そこで、まいどのテーマ「餃子とワイン」。新橋ではどうだろう?
さすがに渋谷や新宿エリアほどワインにこだわりのある店は無かったが、餃子に関しては絶品の店がちらほら……。





最初に挙げるのは、中国家庭料理「春夏冬」。
そうか、「あきない」か。と思いきや、読みは「しゅんかとう」。そのままであった。





人気は、焼き餃子(480円)。非常にジューシーで、噛むと肉汁がだらだらとこぼれおちる。

こちらの店でワインをオーダーすると、白・赤ともに中国産の長城ワイン(グラス500円、ボトル2500円)。赤でも重すぎず、餃子とちょうどいい。
ぬらぬらになった口でグラスワインを飲むと、ワインの表面に虹色の膜が広がる。知ったこっちゃねぇ、それこそ餃子とワインを合わせる醍醐味ってやつだ。お上品なワイン友達には知られてはならない、ひとり飯の気楽さ爆発である。




餃子は下味がしっかりとついているので、そのまま食べられるが、途中から自家製のラー油を添えると気分も変わる。メニューにラー油の作り方が載っていたので、それを必死で暗記すれば、材料を揃えて自分で作ることも可能、らしい。




昼から餃子とワインをやりたいなら、「ガウでぃ」も悪くない。
ランチ時にはサービス餃子定食があり、餃子のほかコラーゲンスープ、ごはん付きで780円。餃子は、ニンニクの入っていない「特製餃子」と、ニンニクもニラも入っている「にんニラ餃子」、それに季節の変わり餃子を組み合わせて選ぶことができる。




そしてこの時間帯、グラスワイン300円。量が少ないのは残念だが、その後に仕事が待っている人には、これでちょうどいい。
ワインだけでなく定食のボリュームも軽め。内装はシンプルながらこじゃれており、女性の一人客もちらほら見えたのは納得できた。


さて、新橋で餃子といえば、この店を外すわけにはいかない。





「一味玲玲」。野菜の入った変わり餃子が充実している名店だ。ニンニクは入っていないので、翌日にせまい密室での商談を控えている人でも大丈夫。
16種の餃子はそれぞれ茹で、焼き、蒸しと調理法が選べる。メニューには各食材に応じてオススメの調理法に赤マルが付けられているので、迷ったらそのままオーダーを。





茄子の焼き餃子(500円)は羽根つきでパリッと。セロリの水餃子(500円)は、肉餡のうまみにセロリの香りがふんわり。

この店の女性スタッフ、日本語はギリギリだ。店で予約の電話を受けた様子をぼーっと見ていたらば、
「ハイ、飲み放題するか。お客様、今、決まらない。決めて、また電話します。来て選ぶ。え、来て選ぶ、できます。では、お名前教えてください……はい、カンダ様。え、カンノ様。カンダ。カン……カミヤ? カミヤ様」。
結局ご予約名はカミヤ様で落ち着いたらしいが、相手の名前、本当はなんだったんだろう。

さて、この女性にグラスワインを頼むとき、つい用心して
「グラスワインの白は、甘いですか、それとも甘くないですか?」
と、日本語の教科書のような文体で質問したところ、
「えっと」
と呟いたまま、すぐに彼女は引っ込んだ。
これはオーダーとみなされたのだろうか、としばし待ったら、彼女の手には少量だけ注がれたショットグラスが。
「これ飲んで。ダイジョブ?」
テイスティングさせてくれたのだ。果実味はあるが、甘すぎないワイン。そのまま1杯お願いすると、ニッコリ笑ってブランデーグラスにたっぷり注いできてくれた。

銘柄うんぬんでなく、でも確実にうまいね、こういうワインは。


文・山本ジョー


「春夏冬」
http://gold.freespace.jp/ssw_ryouri/

「ガウでぃ」
東京都港区新橋3-16-11 中桜ビル 1F

「一味玲玲」新橋本店
東京都港区新橋3-19-2 2階