ワイン業界で働きたい方のための求人情報

Column

ひと工夫でこんなに楽しい! ワイン廃品再利用術2

SHARE ON

ワインを毎日飲んでいると、必ず出てくる各種ゴミ。それを再利用して生活のすべてをワイン色に染めてしまおう、というこの試み。第2回目は「箸置き」です。



お箸の国の人だもの、ワイン飲むときだって箸使うことありますよね?でも、あんまり和な雰囲気にしたくない、なんて時にこれがあると、テーブルが和になりすぎない、オシャレーな感じになります。

今回はひとつだけ道具を使います。その道具とは、コレ!



じゃじゃーん、いわゆる木工用ヤスリというものです。金物屋さんでも買えますが、私は100円ショップで買いました。ちなみに、普通、ヤスリというと金属加工用しか売っていない場合が多いです。金属加工用だと削れませんのでご注意ください。



左が金属加工用、右が木工用。大根おろし器っぽい歯です。

で、このヤスリでコルクをズリズリズリ、と削っていきます。



あまり力はいりません。ちょっと固めの大根をおろす感じが近いかも。



んー、ちょっと高いかな?



さらに削ります。



こんな感じでしょうか。完成!

ちなみにコルクは長いほうが箸置きとして使いやすいです……と、ここまで読んでピンとくる人はくると思いますが、高級ワインのコルクって長いじゃないですか。ちょっといいワインのコルクは、箸置きとしてストックしておいて、家にお客さんがいらっしゃった時に出すとちょっとした自慢になる……かも?
わがるやつだけわがればええだ。Byあまちゃん花巻さん。



だから、ワインの銘柄や生産者がわかるように、削る向きは考えましょう。

ちなみに糸ノコで半分に切るという方法もありますが、これ、実際にやってみるとまっすぐ切るのが案外むずかしい。ヤスリでけずる方法、おすすめです。


ワイン廃品再利用術・バックナンバー
第1回  パン切りまな板